庭の雑草対策は防草シート

スポンサーリンク
基礎




庭の雑草対策

広い庭のある家は、余裕があって素敵です。
でも夏になると、雑草が生えてきて、
広いぶん、お手入れが大変です。
そんな時、便利なのが「防草シート」です。

建築費には住宅の周りに、
砕石を敷く工事が標準で含まれている事が多いです。

砕石を敷く目的は降雨時の泥の跳ね返り防止です。
砕石があると基礎への泥はねが予防されて
汚れにくくなります。

また砕石のおかげで、雑草も若干生えにくくなります。
ですが、敷き詰める砕石の厚みは、5cm前後なので、
やがて沈んだり、間に土が溜まり始めます。
一度雑草が生え始めてしますと、
その後どんどん生えてきます。

なので砕石を敷く前に防草シートを敷くと
画像の様に、雑草がかなり生えにくくなります。

防草シートのある部分とない部分の違いがかなり出ます。

お手入れが簡単になるので、
住宅のまわりだけではなく、
砕石を敷いた下にはすべて施工するのもよいでしょう。

防草シートは「ポリプロピレン」などの不織布でできているシートです。
水は浸透します。
厚みのあるシートは砕石敷きの駐車場の下にも使えて便利です。

コメント