リビング階段の寒さ対策

スポンサーリンク
間取り




リビング階段の寒さ対策

寒冷地でリビング階段をやったら
部屋が寒い場合の対応方法です。
カーテンを取り付ける事で
簡単に対応する方法です

リビング階段にカーテンを取り付ける

リビング階段のメリットといえば
二階に行く時も、
リビングを通るので
必然的にコミュニケーションが増える
リビングが広く見える
プランニングに融通が広がる
見た目がカッコ良い
などのメリットがあります。
その反面、冬は二階の冷気が降りてきて寒い
リビングの生活音が二階まで響くなどの
デメリットもあります。

出入口にドアや引き戸があれば、
必要に応じて開け閉めできます。
特に引き戸は、開けている時も
締めている時も、邪魔になりません。
でも。後から設置する場合、
費用もかかりますし、
プランニング上無理な場合の方が多いです。

建築後でも簡単に、
リビング階段の冷気対策
リビング階段の防音対策をする方法は
カーテンを取り付ける方法です。

天井にカーテンレールを取り付け
カーテンをぶら下げれば完了です。

カーテンとレールは
ホームセンターにも売っており安価です。

この方法のメリットは
プロに頼まず自分で施工可能です。
汚れたら外して洗う事ができます。
夏場は外して置けば邪魔になりません。
模様替えも簡単にできます。
閉じたままでもめくれば通り抜け可能です。

施工した感想
実際に設置した感想としては
かなり効果があり満足のいく結果です。
冬場は階段の出口にいると、
冷たい風を感じ、
ついつい冷気を感じない場所にいましたが
つけた後は全く気になりません。
生活音も思った以上に緩和します。
寒さや生活音の気になる人にはオススメです。

カーテンレールの取り付け方法

天井にカーテンレールを取り付けますが、
基本的に天井は石膏ボードなので
ビスが効きません。

石膏ボードに直接取り付ける方法
石膏ボードに直接取り付ける場合は
石膏ボード様アンカーを使い、
ビスが効く場所を作り取り付けます。

下地の桟に取り付ける方法
基本的に、石膏ボードの裏には
木の桟が45センチおきにあります。
※尺モジュールの場合
メーターモジュールの住宅の場合、
50センチおきにになります。

その場所、表面からは桟の位置が
わからないので、専用工具を使用します。

電波でわかる機会や
細い針を刺して探す工具
等が、あります。

コメント