TOTOの洗濯機用防水トレイ洗濯機パン設置

スポンサーリンク

洗濯機パンを設置してみました

設計段階で、洗濯機の下には、洗濯機の排水ホースからの水漏れ対策の為、
洗濯機パンと排水を設置しようと思っておりましたが、すっかり失念。
そもそも、実家には付いていましたし、
このような物は標準でついているものと思い込んでいたので
確認もしませんでした。
引っ越し段階になり、ようやく無いことに気づきました。
施工会社の人に聞いたら、最近の洗濯機は水漏れする事がないので、
普通付けませんとのご返答でした。
しかし、洗濯機のホースが劣化してもれる事もありますが、
今まで取り付けていた場所には洗濯機パンがあり、
そこは結構水滴のあとが確認できます。
しょうがなく、後から自前で設置しようと、ネットで検索するとこんなものがありました

TOTO 洗濯機用防水トレイ PWY1W

安いものから高いものがありますが、3,122円なのでお求めやすい価格設定です。
ですが洗濯機パンの中では高い部類に入ります。
まあただのプラスチックが3,000円なのでそう考えると、高いのかもしれません。
実際に届いて物をみてみると、結構しっかりしています。
真ん中は、手前に傾斜になるようになっており、
万が一水漏れしたら手前に水が流れてきて溜まるので直ぐに発見しやすい使用です。
まあ実際あってと良かったと思うことはないのかもしれませんが、
転ばぬ先の杖で設置には満足しています。
設計段階で設置すれば材工で2万円弱くらいの費用がかかったのかもしれませんが、
今回は3,000円プラス自分の手間なので、
結果としては安く仕上がり良かったのかもしれません。
TOTO 洗濯機用防水トレイ PWY1W商品画像
厚みが結構あります。水が真ん中にあつまり、その後手前に集まるようになっています。
TOTO 洗濯機用防水トレイ PWY1W設置前
洗濯機パン施工前はこんな感じです。
洗濯機が水漏れせずともフローリングの上に、水滴が落ち、
そのままになるのはなんとなく抵抗があります。
TOTO 洗濯機用防水トレイ PWY1W設置完了
反対側です。
TOTO 洗濯機用防水トレイ PWY1W設置ドア側

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です