夏の日差し対策には外付けロールスクリーンがベスト

スポンサーリンク

夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェードの効果に驚き

断熱性、気密性の向上した最近の住宅の場合、
冬の寒さは殆ど心配する必要がありません。

しかし夏の暑さ対策の方が問題です。
一年中断熱性の高いコートを羽織っているようなものですから。
町をあるくと、西側にすだれの様な物を取り付けている住宅もあります。
熱い日差しを遮る為で、効果もあるのでしょうが、
個人的感想ですが、みっともなくてたまりません。
すだれとかありえない選択です。
しかもすだれは1年で劣化し使い物にならなくなります。
処分も手間です

img_b002025_01

外付けロールスクリーン

そこで検討したのが取り付けたサッシメーカーリクシル(トステム)の
サンシェードの外付けロールスクリーン、スタイルシェードです。
当初検討したのが、屋外用ブラインドですが、20万円近い価格は高くて手が出ませんでした。
ブラインド形状なので、風を通しつつ、日差しを遮ると思ったからです。
そこで、価格も安いサッシメーカーの リクシルスタイルシェードを採用しました。

リクシルのサンシェード スタイルシェード ページはこちら

サンシェードの使用感

サンシェードを開けているとサッシが日差しでかなり暑くなります。
サンシェードを下ろすとサッシの温度が全くかわります。
それに従い、お部屋の体感温度も変わります。
想像以上の効果です。
しかも、窓とスクリーンの間に隙間があるので、
風通しもかなり良いです。価格も約5万円でした。
外付けブラインドにしなくて正解です。
外付けブラインドは風邪引も弱いと思いますし、価格が高すぎます。
ブラインドの羽の反射も考えれば、
性能比較をしたとしても、ロールスクリーンの勝ちでしょう。
南や西の日差しを遮りたい人に是非オススメしたい商品です。

サンシェード(外付けロールスクリーン)を取り付けた所

夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェード外側 夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェード閉じた所

夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェード外側2 夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェードロール

窓との隙間があり、思いの外、風通しが良いです。

夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェード内側2 夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェード内側

窓のしたの引掛けフックです。
窓の中間にも取り付け可能で、半分だけ閉じる事もできます。

夏の窓の日除け(サンシェード)リクシルスタイルシェード引っ掛けフック

リクシルスタイルシェード取付方法

驚いたのはその簡単な取付方法です。
窓枠に取り付けになっており、
しかもドライバー1本で窓枠に取り付けられます。
リクシル(トステム)のサッシを採用していれば、
後付で簡単に取り付けできます。
素人でも10分もあれば簡単に取り付け可能です。
メーカーに頼むと施工費がとられるので、
これは自分で注文して取り付けた方が価格も抑える事ができます。

タチカワのサンシェード

カーテン選びの時に、ブラインドメーカーのカタログをみていると
なんと外付けブラインドが掲載されています。
サイズは限られていますが、価格が安いです。
外付けロールスクリーンが気にいった私はカーテン屋さんに
ロールスクリーンを発注、
自分で取付けをしようとしていたら、
偶然面格子を取り付けにきていたサッシ屋さんがいたので頼むと
無料で取り付けをして頂けました。

結論は、機能性がめちゃくちゃよいけと、ちょっと高いのです。
取り付けはドライバーで窓枠にネジ止めするだけなので、
メーカーや施工会社に頼まずに、
自分でネットで注文して、自分で取り付けるのがオススメです。
メーカーにサイズが合っているかだけ聞けば十分です。

タチカワ外付けロールスクリーン外側 タチカワ外付けロールスクリーン外側2

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です