住宅ローン金利は減額交渉でまけてもらえる

スポンサーリンク

住宅ローン金利は減額交渉で減額の余地がある

知らない人もいるかもしれませんが、
銀行ローンの金利は、まけてもらえる可能性があります。
私は住宅を建築資金として、
地銀から2015年時点の変動金利1.075%で約1,900万円の融資を受けました。

もともとパンフレットなどで記載されていた金利は 1.275%です。
融資実行してもらった金利は、1.075%です。
つまり、0.2%の金利の減額をして頂きました。

交渉方法ですが、金消契約の前の説明の時に、
「金利を少しなんとかなりませんか?」と一言聞いただけです。
とくに交渉もせずに
「わかりました」とお返事を頂き0.2%まけて頂くことができました。

減額してもらった銀行ローンの差額

変動金利の場合、5年間が有効になります。
1.075%の場合、月額返済金額は、54,300円/月 です。
1.275%の場合、月額返済金額は、56,103円/月 です。

差額ですが、
1ヶ月で 1,803円
1年で  21,636円
5年間で 108,180円 です。
少ないですが、チリも積もれば山となるです。
馬鹿になりません。

金利減額の交渉は、しつこく粘ったわけでも無く、
一言、なんとかなりませんか?と聞いただけです。
私の場合ですが、あっさりOKでした。

どうしてもまけてほしいが、すこし渋る銀行の場合は、

銀行員がローンする場合金利がまかるじゃないですか?
是非おなじといかないまでもなんとかなりませんか?

私の友人はまけてもらったみたいですが、
同じようになりませんか?

と、銀行員が言われて困る弱い部分を聞いてみましょう。
とはいえ、まからないものをごねてもみっともないので、
成功すれば儲けモンくらいに考えて、
気軽に実行して、ダメなら諦めてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です