お風呂の床の色は濃い色だと汚れが目立つ

スポンサーリンク

ユニットバスカラーを選ぶ時の注意

新築住宅にはユニットバスが多く採用されます。
浴槽、壁、天井、浴槽袖壁、シャワー水栓など、多くのメーカーでパーツごとに色を選ぶ事ができます。
樹脂の場合、薄い色は樹脂っぽさが目立ちます。
濃い色は石目調の彩色もしてあり、ちょっと高級っぽく見える場合が多いです。
そこでちょっと注意点です。

ダークカラーは汚れが目立つ

ダークカラーは濡れている時は大丈夫ですが、濃い色は乾くと画像の様に石鹸汚れが目立ちます。
床を洗っている時は濡れているのでどこに石鹸残りがあるのかわかりづらく、
結構しっかり洗っても乾くと残っています。ちょっとお手入れが大変になります。
ユニットバスだけでなく、フローリングなどもダークカラーを選ぶとホコリが目立ちます。
まあそのせいで気になるから、こまめにお掃除しないと行けないのでいつも衛生的なのかもしれません。
お風呂の床の色について

ユニットバスの床に石目のベーシュ系カラーを選択した場合

ユニットバスのカラーには明るい石目調のベージュ系を選ぶのが無難です。
石鹸や水垢の汚れが目立ちにくくなります。
ユニットバスの床カラーは明るめの石目ベーシュ系色を選ぶ
並べて比較すると一目瞭然。
濃い色は高級感がでますが、お掃除を考えるとベージュ系の色を選ぶと、
石鹸などの汚れが目立ちません。
石目の様な汚れ模様だとさらに目立たなくなります。
並べてみるとその差は一目瞭然。
ダークカラーの床も汚れて見えますが、
簡単ではありますが掃除をして綺麗になったつもりが
乾いて見ると画像の通りです。
お風呂の床の色について ユニットバスの床カラーは明るめの石目ベーシュ系色を選ぶ

お風呂掃除

【まとめ買い】スクラビングバブル ジャバ 1つ穴用 ×2セット [ヘルスケア&ケア用品]
 
スコッチブライト バスブラシ ハンディーブラシ M バスシャイン B-554

バイオ お風呂のカビきれい

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です