住宅の防犯対策、空き巣対策

スポンサーリンク
設計




1階の全ての窓に面格子

玄関ドアの防犯性は年々向上しています。
・2重のガキ
・ピッキングしにくい鍵
・破錠がしにくい鍵
などですが、
そもそも泥棒や空き巣に入るなら、
普通、施錠されていない窓や、窓自体を壊した方が簡単なはずです。
ガラスカッターなどを使えば、殆ど音を出さずに
ガラスを割ることも可能です。

また、2階ならば、施錠せず窓を空けていても安心と思うかもしれませんが、
実際には2階から侵入されるケースはかなり多いのが実情です。

窓には面格子

空き巣に入られにくい対策として、
1階の窓には全て面格子を取り付けます。
実際には面格子もアルミなので、
バールでこじれば簡単に壊れますが、
ある程度は侵入を遅らせたり、
諦めさせる効果があるはずです。

格子の見た目が重々しいと感じる人は
お洒落なロートアイアンの面格子もあります。

掃き出し窓にはシャッターか雨戸

掃き出し窓には、シャッターか雨戸を付けるべきです。
できれば、掃出窓自体をなくした方がオススメです。
掃き出し窓にしても結局カーテンを締め切りになりますし、
掃き出し窓が無いことで、住宅の断熱性も向上します。

外国にいけば、そもそも掃出窓自体が少ないです。

LIXIL:TOSTEM 鋳物製 後付けデザイン面格子 スパニッシュ型施工

防犯合わせガラス

ガラスの中にフィルムをラミネートしてあり、
割るのに少し時間が掛かります。
フィルムには、紫外線対策効果もあり、
室内の日焼け防止になります。
全ての窓は防犯合わせガラスにするべきです。
%e9%98%b2%e7%8a%af%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b9-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc



設計
スポンサーリンク
authorをフォローする
失敗しない住宅建築のポイント

コメント