脱衣室のバスタオル掛け用の下地壁補強

スポンサーリンク

脱衣室のバスタオル掛け用の下地壁補強

現在の住宅の内装仕上げは石膏ボードが使われています。
しかし石膏ボード自体は強度が低いため、
壁に重いものや、力のかかるものを取り付ける事はできません。
重いものを取り付ける場合は、
石膏ボートの裏の木のさんにビスを打たなければなりませんが、
内装クロスを仕上げた後では、
見えない壁の中のさんを探すには少しコツが必要です。
ですから、重たいものをかける場所が予め決まっていれば、
そこを事前に壁の下地補強をしておくと便利です。

脱衣室のタオル掛け

例えば脱衣室のタオル掛けは必要です。
毎日掛けたり外したりするので、
石膏ボード用アンカーではやがて外れてしまいます。

間柱もあるので補強が無くても
間柱を探して取り付ければいいだけですが、
事前に補強をしておくと、自由な位置に取り付ける事ができます。
タオル掛けの取り付けが格段に簡単になります。
また手すりが必要になった場合にも手すりの取り付けも可能です。
ですが、そこまで気を回す大工さんも設計士さんもほとんどいないので、
言わないとなかなかやって貰えない工事の1つです。
脱衣室のバスタオル掛け補強
タオル掛けを設置した所
脱衣室タオルハンガー取り付け

下地のある場所を探す道具

シンワ 下地センサー Basic(ベイシック) 78575
シンワからは幾つかの石膏ボード用の下地探しセンサーが発売されていますが
値段に差がありますが、精度はどれも大してかわりません。
ですから、もし必要なら、プロでなければ一番安いコレで十分です。

センサーがあると壁を穴だらけにしたり、
拳でコンコンしなくても簡単に下地のある位置を見つけることができますが、
誤差やご反応もあるので、結局オーソドックスな、ニードルの下地探しも必要です
シンワ 石膏ボード用下地探し どこ太 マグネット付 78592

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です