吹付硬質ウレタンフォームの厚みのチェック

スポンサーリンク

吹付硬質ウレタンフォームの厚みをチェック

吹付硬質ウレタンフォームは、断熱性、気密性、防音性に優れた断熱材です。
断熱材全般的にいえる事ですが、断熱材自体の性能は優れていても
施工をしっかりしないと、その性能を十分に発揮できません。
フラット35の断熱材の最低の厚さの早見表です。
断熱材早見表

吹付硬質ウレタンフォームを吹き付け直後の状態です。
窓枠などをビニールで養生します。

吹付硬質ウレタンフォーム吹付け後

吹付け量が多すぎて、柱より手前に出てしまった所はカットして調整します。

吹付硬質ウレタンフォームカット

しかし、いろいろな場所をチェックしてみると、厚みの足りない部分があります。

吹付硬質ウレタンフォームチェック

そこで、勇気を出して現場監督に依頼しましょう。
増し吹きしてください。
その場合、定規でキチンと計った画像があると話がスムーズに進みます。
無いと、大丈夫ですとか余計なやりとりがなくなります。

吹付硬質ウレタンフォーム増吹き (1)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です