使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置

スポンサーリンク

使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置のポイント

システムキッチンを採用した場合、尺貫法で設計する場合、
カウンターとキッチンテーブルの間隔は80cmくらいになる場合が多いです。
キッチンカウンターは約45cmです。
それに対し冷蔵庫の奥行きは約63cmほどあります。
つまり、奥の壁が面一で配置すると冷蔵庫が出っ張ります。

キッチンの間隔は約80cmは一人でいる分には狭くありませんが、
二人でちょうりする場合は、すれ違いするには狭くなります。
そこに奥行きが約63cmある冷蔵庫があると、さらに狭くなります。
そうすると、キッチンの間隔は狭くなり、
動けるスペースは狭くなり使い勝手が悪くなります。

キッチンとカウンター収納の間隔を開ければ解決しますが、
広すぎると、それはまた使い勝手が悪くなります。
キッチンカウンターと冷蔵庫をそのまま配置すると、
冷蔵庫が約20cmほど出っ張るため、
キッチンのスペースが狭くなり、
使い勝手が悪くなります。

使いやすいキッチンスペースの間取りの設計

使いやすくする為の、キッチンと冷蔵庫の配置方法は、
冷蔵庫を置く部分の壁を少しセットバックすると、
キッチンカウンターより出っ張らず、
使い勝手が悪くなりません。

冷蔵庫をセットバックする設計を是非検討してみてください。
使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置

冷蔵庫がカウンターより前に出ない設計です。

使いやすいキッチンは冷蔵庫の配置を下げる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です