ダクトレールとLED電球とお部屋の照明を変える

スポンサーリンク

ダクトレールとLED電球とお部屋の照明の形を変える

リビングの照明には(ダクトレール)ライティングレールを採用しました。
ライティングレールはレール上なら、
どこでも好きな位置に電球を取り付ける事ができます。
リビングの見せ梁4本にそれぞれレールを取り付けました。

引越し直後のライティングレールに電球の取り付け方

ダクトレール入居時

引越し後にダクトレールの位置を変えたのがこちら

最初は並列に2列に均等に取り付けましたが、
今はいる場所を3灯し、いない場所と1灯
リビングで家族全員いるときは、全部点灯しています。
私以外の家族が寝た時は、私のいる場所だけ点灯しています。
寝る時間に近づくに連れくれ、段々暗くします。
とても便利です。

ダクトレールライティングレール入居後

ダイニングの上なんかは、選ぶ机により最初から位置を決めるのは難しいですが
ダクトレールだとあまり考えずに取り付けても、後から自由に位置変更できます。
LED照明によりリビングの照明方法がまったくかわります。
昔は暗かったり、全体を照らせるようになっていますね。

オススLED電球メダクトレール照明

ホームセンターで販売されているLED電球は60ワット相当迄が多いです。
100ワット相当はネットでしかみません。
100ワットは60ワット相当と比べるとかなり明るいです。

パナソニック LED電球 電球100W形相当 1520 lm 昼光色相当 E26口金 LDA14DGK100W

ODELIC(オーデリック) ※配線ダクト(プラグタイプ)※用 LEDスポットライト 【一般形13.8W】 OS047262ND

最初から100ワット相当が付いています。方向も自由に変えられ、安くてお手頃です。
昼白色と書いてあってもメーカーによって色がかなりちがいます。
個人的にはパナソニックの昼白色よりオーデリックの昼白色の方が、太陽光に近い色で好みです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です