子供部屋が隣り合う場合は収納を挟み防音する

スポンサーリンク

子供部屋が隣り合う場合は収納を挟み防音する

コンクリート造などと違い、
木造住宅は結構生活音が伝わります。
洋室フローリングだと、音も反響しやすくより響きます。
家族であってもプライベート時間を大切にする事が大切です。
友人でも恋人でも家族てもある程度の距離感を保つ方が上手くいきます。
静かにしたい時は、生活音も気になります。
だからといって防音工事をするほどでもありません。
防音も中途半端な遮音シートではさほど効果もありません。
費用を掛けずに生活音を防音するには、
間取りの設計で工夫します。
子供部屋と子供部屋の間に、収納を挟むことにより
かなり生活音を軽減できます。
隣り合う子供部屋は収納を挟み防音する

主寝室を1階に配置し、子供部屋に下に配置しない

総二階の住宅プランだと主寝室が2階になりがちですが、
子供が生まれたばかりや、やがて年をとった時には、
主寝室が1階にあった方が便利です。
その場合、子供部屋の下に主寝室を作らないほうが、
当然ながら生活音を軽減できます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です