駐車場の砕石敷について

スポンサーリンク

駐車場の砕石敷について

駐車場が土だと使い勝手が悪くいので、
何とかしたいが予算がない場合に、
一番安くできるのが、
砕石を敷く方法です。

駐車場の砕石敷

砂利と砕石の違い

砕石も砂利も区別されずに、
同じものにとらえられることが多いですが、
正確には違います。

砂利

砂利は山や川、田の下などから採取したものです。
基本的には川に運ばれるので丸みを帯びています。
ビリ砂利などがありますが、
転圧しても締まりません。

砕石

砕石は山などから大きな固まりを取り出し,
これをクラッシャー(破砕機)で砕いて小さくして
粒の大きさを分類したものです。

天然の砂利が取れにくくなっているのと
人工的に作った砕石の方が、
しっかり締まり、
駐車場によく使われます。

駐車場につかわれる砕石

駐車場に敷くよく使用される砕石は、
C40-0と呼ばれる砕石です。
採石場で採取された岩を、
クラッシャーで砕いたものです。

C40は砕石の粒の大きさの意味で、
約40mmの大きさになります。
40-0は「40mm~0mm」の粒の大きさが
混ざっている事を意味します。

駐車場にC40-0が使われる理由は、
大きな粒と小さな粒が混ざっているので、
転圧すると大きい石の間の隙間に、
小さな石が入り込み、
固く締まるからです。

C40のように粒の大きさに、
バラつきのない砕石の事を
単粒度砕石といいます。
締め固まりにくく、動くので、
駐車場には不向きです。

再生砕石RC40

C40にコンクリートなどの、
建築廃材を破砕したもの混ぜたのが、
再生砕石(RC40)です。
Rはリサイクルの意味です。
リサイクルなので若干価格は安くなります。
再生品なので鉄筋が混ざっていることもあるので、
一般住宅の駐車場にはあまり使われず、
公共工事などで、道路の下の路盤などに使われます。

砕石(砂利)敷き駐車場のメリット

専門知識がなくても、自分で敷くことができる

運んで、敷いて、転圧するだけなので、自分で工事可能です。

コンクリートやアスファルトにくらべ、費用が安い
1㎥=3,000円程度なので、安く工事ができます。

雑草が生えにくく抜きやすい

土に比べると生えにくく抜きやすくなりますが、
雑草が生えないわけではありません。

雨の日にぬかるまない

水はけが良くなるのでぬかるみにくくなります。

砕石敷き駐車場のデメリット

わだちができやすい
車などを出し入れしていると、
車のわだちができて、凸凹になりやすいので、
定期的にならす必要があります。

雑草が生える

土に比べると雑草が生えにくくなりますが、
生えなくなるわけではありません。
薄いほど生えてきやすく、
5センチ程度の厚みだと結構生えます。

車のタイヤで飛び散る

車を急発進させると、
タイヤが砕石をかいて石が飛び散ったり、
雨でタイヤに張り付いて
道路になどにも散らかるので、
掃除が必要です。

雪が解けにくく雪かきしにくい

コンクリートに比べ雪が融にくく、
雪かきをすると、雪に巻き込まれるので、
雪を置いたところは砂利だらけになります。
また地面がフラットではないので、
雪かきがしにくいです。

見た目が味気ない

クレー一色なので、見た目に味気がありません。
雑草が生え始め、凸凹してくると、
更に見た目が悪くなります。

減る

少しづつ土の中に埋没するので
数年おきに足す必要があります。

砕石敷きで雑草を生えないようにするには

雑草の生命力は強く、
砕石を敷いても生えてきます。

雑草を生えにくくするには、
砕石の下に防草シートを敷く事です。
シートのおかげで砕石が沈みにくくなり、
砕石が減る量も少なくなります。
防草シートには厚みの違いがあるので、
車が乗る場合、破れにくくするために、
厚みのあるものを選びましょう。

砕石敷きのDIY

砕石を敷くのは、DIYで自分でもできる作業です。
自分で工事すると、業者さんに依頼するより、
割安にできるのがメリットです。

砕石の価格

砕石の価格は3000円/㎥程度です。
車2台分のスペースとして5m×5m=25㎡です。
約10cmの場合2.5㎥
3000円×2.5=7,500円

1. 一輪車に積んで運ぶ
2. スコップで撒く
3. ジョレンで敷きならす。
4. 転圧。
※敷く厚みは約5cm~10cm程度です。
厚めに敷いておき、
将来的にコンクリートの路盤に使う方法もあります

厚みがあるほど長持ちして、雑草も生えにくくなります。
転圧は、上から叩けばいいので、
自作転圧棒をつくり、人力で転圧する方法もありますが、
力仕事に慣れていない人が、
庭一面を転圧するのは重労働すぎます。
地道に何日もかけてやれば、そのうち終わりますが、
タイムイズマネーです。
自分の人件費もタダではありません。

建設機械のレンタルでプレートを借りれば、
あっという間に転圧が終わるので、
レンタルがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です